まったりすみれ色ライフ

ヒキコモリ系がマイペース観劇&スカステ中心で宝塚を愛でるブログ。宝塚の気になる情報のまとめ。

星組「ベルリン、わが愛」千秋楽まとめ

わブケタカのアドリブはちょこっとだけ

ブギウギパリの前

七海「次の開催地、東京宝塚劇場に来ていただくしかありませんね!」

礼「じゃますんで~」

美稀「邪魔するなら帰って!」

礼「あいよ~」

 

宝塚我が心の故郷、退団者3名の胸にお花。壱城・愛水=赤い花、夏樹=紫の花。

 

退団者ご挨拶

夏樹れい

お花渡し 如月蓮・夢妃杏瑠

「私は舞台が大好きです。この舞台の上で歌って踊って、泣いて笑って、本当に充実した濃密した時間を過ごさせて頂きました。宝塚でのすべての思い出がキラキラと輝いて私の胸はいっぱいです。今まで出会ったすべての皆様、そしてこの舞台に溢れる愛に、心からの感謝の気持ちを込めまして、11年間ありがとうございました。」

 

愛水せれ奈

お花渡し 未稀千種、天寿光希

「とうとうこの時間がやってきてしまいました。私が初めて宝塚大劇場に足を踏み入れたのは紫苑ゆうさんの退団公演でした。そのときから星組が大好きで、そんな星組に入り卒業できること、本当に幸せに思います。13年間、本当に夢のような時間でした。ありがとうございました。」

 

壱城あずさ

お花渡し 七海ひろき、紅ゆずる

「ガッツがあれば何でも出来る!そう思って15年間頑張って参りました。でもガッツがあっても乗り越えならない壁が沢山もありました。悔しくて沢山泣きました。でもその悔しさが私を成長させてくれました。

そして何よりファンの皆様の熱い応援が私の力となり、ここまで諦めずに頑張ることができました。15年間共にに歩んで下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。東京の千秋楽の日まで男役・壱城あずさはまだまだ成長して参りたいと思います。

ファンの皆様、星組のみんな、出逢えて幸せです。本当にありがとうございました。」

 

 

紅ゆずるの挨拶

「主人公テオのように同じ思いで私も舞台に立っておりました。ものを作っていく上で熱い思いは舞台も映画も同じだと思います。(略)

今回退団する3名は私達にとって大切な仲間でございます。(涙声)すみません。泣かないと決めたので泣きません!この3名をどうか東京の千秋楽まで温かい声援応援のほどよろしくお願いします」

 

カーテンコール

紅「下級生から一言ずつ」

夏樹「(マイクがないので隣のしーらんに近寄って)今日は本当に幸せな一日でした。皆様ありがとうございました!」

愛水「(紅さんのマイクに向かって)私が星組に在籍し卒業できること、これこそ運命だと思ってます」

壱城「(紅さんがしーらんの肩にポンっとたたいて、温かい笑いが起こる)幸せの大洪水です。星組は本当にいい子たちばかりで、最高の組でした。東京もありますので、まだまだ頑張ります」

紅「本当に寂しゅうございます。ですが東京公演もございます。お江戸の方にも足をお運び頂けましたら光栄でございます」(組子呼び込み)

紅「これで終わってしまうのかと思うと、なぜか私ほうが大変寂しいのですが、いや、皆様の方が辛いでしょう。ですが、これからも星組は突っ走って参りますので、応援をよろしくお願いします」

 

 

 

千秋楽・出の様子

 

 

退団者3名の方、ご卒業おめでとうございます。

11月下旬からの東京公演を楽しみにしております。

  

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

宝塚プルミエール・花組3人の〇×!【2017.10】

プルミエール後半は花組『ハンナのお花屋さん』『はいからさんが通る』の紹介と、

花組3人、明日海りお、芹香斗亜、柚香光の〇と×です。

プルミエールで大劇場作品以外にスポットがあたるのは珍しいですが、別れている分3人が揃っているとちょっと嬉しいですね(*´▽`*)

 f:id:phantasm-takarazuka:20171106223049j:plain

みりお×キキ×れいの〇と×

左から、芹香斗亜(キキちゃん)、明日海りお(みりお)、柚香光(れいちゃん)

Q1.モノマネが得意

全員 ×

 

Q2.虫が苦手

キ ◎

み・れ ×

キ「本当虫だけはダメなんです…(꒦ິ⌑꒦ີ)」

れ「共存できます。家とか入ってきても・・・」

み「一緒に暮らすの?」

れ「ようこそみたいなw 窓開けてそのまま出してあげる」

キ「えっ…私はもう…(両手でスタンスとりながら逃げているジェスチャーをするキキちゃんw)」

み「私はもう容赦ないだよ」←笑顔で淡々と普通に語るみりおさん。。

み「自然が豊かな場所に育ちましたので、全然大丈夫です。退治することがあったら言って下さい」

 

Q3.舞台での第一声は緊張する

キ 〇

み ×

れ △

 

Q4.海で溺れたことがある

全員 ×

 

Q5.縁起をかつぐ

キ ×

み・れ 〇

 

 

 

Q6.足がつっても気合で踊りきる

全員 〇(3人共早かったです)

 

Q7.ハプニングに強い

全員 〇(れいちゃんは若干不安そうな〇)

 

Q8.大成功したイタズラがある

全員 ×(3人共悩んで結局×)

壮「イタズラ!なんかあるでしょ!」

み「ちっちゃいのばかりで。大掛かりなのはない」

壮「されたのでもいいよ」

み「毎年エイプリルフールになると、夕霧らいさんが組子をみんな巻き込んでありそうな嘘をつく」

れ「絶妙なラインの」

キ「今日はらいさんに気を付けなきゃと思ってるのに、引っかかる」

み「毎年気を付けなきゃと思いながら引っかかる。『みりおちゃんが武道館でコンサートするらしいよ!』と私は知らないと思ってたら、下級生はワーって盛り上がってた。その前の年は『天海さんの劇団レッスンがあるらしい』みんなウォーっと盛り上がってたw」

 

最後に宙組『神々の土地』大劇場千秋楽のまぁさまの入りの様子とサヨナラショー、最後のご挨拶、出の様子が少しだけ紹介されてました。

 

宝塚プルミエール|宝塚オンライン|ステージ|WOWOW

  

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

 

www.sleepbeauty1.com

www.sleepbeauty1.com

www.takarazukalife.com

 

宝塚プルミエール・星組『ベルリン,我が愛』特集【2017.10】

宝塚プルミエール・星組『ベルリン、我が愛』特集

f:id:phantasm-takarazuka:20171129235443j:plain

 

星組・紅ゆずる×礼真琴

「ベルリン、わが愛」について

原田先生はどうやってやるのかとご覧になる先生なので、配置なども自分たちで考えて自分たちで作る。凄い勉強になるが、とても大変。

礼「先生とさゆみさんと「どっちが演出家だったかな?」ってくらい凄い考えていた」

自分の役作りだけやってればいい訳ではない、みんなの周りの動き、台詞、セットの動きなどを考えながら、ここはこうした方が良い、など全て考える。

 

紅ゆずる・トップの立場と責任に通じる映画監督役

「この作品を失敗させる訳にいかない!」という台詞が自分の立場と重なり、感情がこもってくる。

自分の理想のトップ像は、(自分が)ガーっと引っ張っていくのではなく、みんなと作っていきたい。そういうことを役作りに反映した。

お客さんはこういう風に見えているのかな?と全体的に考えていくのも主演にとって必要なことだと学んでいっているので、引き続き学んでいきたいと思います。

 

礼真琴・役と一緒に成長していきたい

初めての仲良し・親友役!にニッコニコのことちゃん。

仲良しの役が来るの早くない?と紅さん。早いんですか?との問いに、わからへんけど敵対する役が二番手は多いからねー、と仲良しトーク。

髪の毛を明るくしたのも1年以上ぶりだった。OMOのムケーシュから黒い役続き(髪の毛も肌も心の中も黒い!)だったので、180度違う常に前向きな明るい青年役です。

ポスター撮りのときはエーリッヒが弟分みたいな感じだったけど、そうではなく一緒に歩んでいる親友・戦友のポジションでいて欲しい。エーリッヒはついて行っているのではなく隣を歩いていて欲しいと言われ、「ついていくだけではダメなんだ」とエーリッヒとしても礼真琴としても思い入れがある。

 

 

 

「Bouquet de TAKARAZUKA ブーケド・タカラヅカ」

宝塚のレビュー90周年を記念したレビュー

「酒井先生の世界観=宝塚の世界」と思うと紅さん。

酒井先生のこれまでの作品を見ていると個性が濃くて、自分はなんてちっぽけなんだろうと感じられるそうです。そこまでやる?ってくらいやって丁度いい

酒井先生の名言(迷言?)がたくさん!どんどん出てくるそうです。 

礼さんは「グッと引き寄せて、パっと捨てろ」と酒井先生。お客さんと駆け引きをしろと言われている。 (赤が基調のトリコロールの衣装のシーン)

「色気と色気よ!」「清く正しくセクシーに」ともよく言われているそう。 

 

礼真琴オススメの紅ゆずるのシーン

『夜霧のモンマルトル』

シルクハットと剣(ステッキ)を持ってカッコよくて、クールに歌っていて憧れるシーン。(振りマネして表現することちゃん)

紅ゆずるさんへの最初の酒井先生のダメ出し

何マジメにやってんのよ!自分で変えていいのよ」力はいったらアウトだな、と。

「頑張るぞ!って時期は過ぎたのよ。頑張っちゃダメなのよ。頑張ってないけどステキと思わさせなきゃダメなのよ」めっちゃ難しい…。

 

そして、、、酒井先生の名言といえば!

恋をしなさい!そして捨てられなさい!」by.壮一帆さん(ナレーション)。

 

お二人のサイン色紙のコメントは

紅「星組キラキラ」

礼「テオ お前の志に僕たちはついて行く。エーリッヒ」でした。

 

個人的ナウオンなどでは明かされなかった話が出るのも面白いです。原田先生は結構生徒に任せる部分が多いという話は時々聞いておりましたが、今回はかなり生徒に任せる部分が多かったようですね。一方、酒井先生の名言(迷言?)オンパレードww ウケるけど、宝塚の神髄のようなお言葉の数々ですね。そのうち本になったりして。。

 

宝塚プルミエール|宝塚オンライン|ステージ|WOWOW

  

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

 

www.sleepbeauty1.com

www.sleepbeauty1.com