まったりすみれ色ライフ

宝塚の気になる情報のまとめ&時々愛を呟く

【カフェブレイク】七海ひろきがピカチュウ?ギャップ萌え過ぎる!

 f:id:phantasm-takarazuka:20171021211230j:plain

七海の8

Q.自分へのご褒美

A.カフェでのんびりすること

 

Q.一番好きな宝塚作品

A.『カサブランカ』

自身の出演作から考えて、『キャッチミー」と悩んで、カサブランカは全ての出演者が役にぴったりはまっていて、凄いことだと思ったそうです。

 

Q.モノマネ

A.ピカチュウ

「ピッカチュウ、ピッカピー・・ぴーーぃか、ピーカ!ピッカチュウ!」 

似てますw

しかもやりきった後にピカチュウのモノマネの出来に納得したような、ちょいドヤ顔w

結構長くやってくれているなーと思ったら、後日のZUKUPさんのTwitterで理由が明らかになっていました。スタッフさんも長いなって思って理由をたずねたそうです。

 

 

ピカチュウはどんな言葉も「ピカチュウ」で表現していて、声優さんが凄いと声優論を語り始め、それで七海さんは何を語っていたのか?は「ご想像にお任せします」とのこと。果たしていつか正解を教えて頂きたいなと思います(^-^;

 

本家ピカチュウ。たしかに「ピカチュウ」しか言わずに全て表現されています。 

 

本日のファッションチェック

「本日はですね、阪急電鉄色のジャケットですかね。秋ですしワインレッド・・・いいかなって思って」

阪急電鉄色のジャケットw

 

ジェンヌがジェンヌをプロデュース。

主演:七海ひろき

監督:礼真琴

 

前回と逆転です。そんな琴ちゃんのプロデュース案は、

「絶対絶命のピンチを守ってくれる姿を見たい」

ピストルを構えるポーズ、琴ちゃんの「よーい、スタート!」の声で白黒の画面に。

 

~START~

「大丈夫か!もう大丈夫だ、俺がついてる。

(光、攻撃を受けた様子)うわぁ!ぅッ・・(左腕を抑える、負傷?)

(カメラ目線)・・君を、、守ってみせる!」

~END~

 

パチパチと拍手と共に「すばらしい~♡」とフレームインする琴ちゃん。

「・・ねえほんと意味わかんない、ほんと意味わかんないっこの演出っっ!」

珍しく語気強めのお兄様、若干照れているような。

「ほんっとーにありがとうございます」と90度のお辞儀しつつ嬉しそうな琴ちゃん。

いやー、七海ファンこそ琴ちゃんにありがとうございます!!!よくやった!(何目線w)

 

 

 

次回、中日劇場『うたかたの恋』

見どころは「主役二人の純愛が一番だなと。愛があるからこそ、ああいう結末になっていくという。切ないけど人生で一度はそういう恋をしたいと、観る方は思うと思うので。

自分の役はまだ分かりませんが、その中でその時代を生きれたらいいなと思います」

 

放送日の少し前に配役が発表になりましたが、収録の時点では不明のままお話して下さいました。カフェブレイクさん、いつもテロップ入れてくれたりするのになぁ。

皆さんご存知でしょうけど、ひろきのお兄様はジャン・サルヴァドル役です。

 

「柴田先生・酒井先生も宝塚を好きになったら絶対に見て欲しい先生方なので。

お客様に本当に素敵なひと時をお届けできるよう頑張りたいと思います」

 

 

ひろきのお兄様がプロデュースしたのは礼真琴さんでした。

www.takarazukalife.com

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ